安心してマンション売却ができる不動産会社のおすすめサービスを紹介

2019/03/25

「マンション売却 安心」と検索している人は、マンションを安心して売却できる方法を探しているのだと思います。

昨今は、不動産会社は安心してマンション売却ができる様々な無料サービスを提供しています

もし、あなたが「不動産会社なんてどこも同じでしょ?」と思っているとしたら、それは少しもったいないかもしれません。

価値あるサービスを行っている会社もたくさんありますので、売却を依頼する前に各社のサービス内容を知っておくと良い売却ができます。

聞きなれない用語のサービスも行っている会社もありますが、それがどういう効果をもたらすのかについても解説いたします。

最後までお読みいただき、安心できるマンション売却の参考にしていただけると幸いです。

この記事の筆者:竹内英二 (不動産鑑定事務所:株式会社グロープロフィット代表取締役)
保有資格:不動産鑑定士・宅地建物取引士・中小企業診断士・不動産コンサルティングマスター・相続対策専門士・賃貸不動産経営管理士・不動産キャリアパーソン

1.マンション売却満足度ランキング

おすすめの不動産会社は、オリコンが行っている「実際の利用者が評価した、オリコン顧客満足度ランキング(マンション編)」に基づき選びます。

この記事では、マンション売却で顧客満足度の高い上位5社(「野村の仲介+」、「三井住友トラスト不動産」、「近鉄不動産」、「住友林業ホームサービス」、「大成有楽不動産販売」)について特徴や口コミ、おすすめの人について紹介していきます。

2.第1位:野村の仲介+

2-1.特徴

野村の仲介+」とは、野村不動産アーバンネット株式会社の仲介サービスの名称です。
野村不動産は、不動産業界の中でも様々なアイディアと業界に先駆けて提供する不動産会社であり、その実力は業界内でも常にトップクラスです。

オリコン顧客満足度調査では、マンションだけでなく、戸建て売却も1位に輝いています。
マンションではプラウドシリーズに人気があります。

野村の仲介+では、売却サポートというサービスで「補修保証」、「ホームステージング」、「ホームクリーンアップ」、「ハウスクリーニング」、「荷物一時預かり」などを利用することができます。

補修保証サービスとは、売却前に設備の検査を受けて補修し、売却後は最長5年間の保証を付けることができるサービスです。

ホームステージングとは、家をモデルルームのように演出して販売するサービスになります。基本的には空き家向けですが、居住中でも可能なサービス内容となっています。

ホームクリーンアップは居住中のマンションをプロが片付け、第一印象を良くするサービスです。

ハウスクリーニングはキッチンやトイレなどを部分的にプロが掃除するサービスになります。ハウスクリーニングはマンションを高く売却するテクニックの一つです。

荷物一時預かりは、売却期間中の荷物を一時的に預けることができるサービスです。
ホームクリーンアップやハウスクリーニング、荷物一時預かりは無料で利用することができます。

売却サポートを受けるには、基本的には以下の条件が必要となっています。


・「野村の仲介+(PLUS)店舗」と専属専任・専任媒介を締結した個人・法人(宅建業者を除く)のお客様(媒介期間:3ヶ月)
・当初の媒介価格(売出価格)が野村の仲介+の査定価格の125%以内であること
・規定の仲介手数料をお支払いいただけること
・居住用物件であること(賃貸中は除く)
・野村の仲介+(PLUS)売却サポートの内、適用条件を満たすいずれか1つのサービスをご利用いただけます。


【関連記事】

一般媒介・専任媒介・レインズとは?不動産売却でおすすめの媒介契約を紹介

2-2.口コミ

オリコン顧客満足度ランキングには利用者の声が掲載されていますので、いくつか抜粋してみます。


  • 短時間で交渉が進みました。契約も成立して満足している。相談してからに10日で売却契約が成立。早くて感動しました。(40代/男性)
  • とにかく担当者がよかった。分かりやすい説明、迅速な対応、心遣い。若い方だったがとてもよかった。(40代/女性)

利用者の声は、比較的担当者の対応の良さや能力の高さを評価する声が多いです。
売却サポートによる手厚いサービスだけでなく、営業マンの能力の高さも野村の仲介+の特徴といえます。

2-3.野村の仲介+がおすすめの人

野村の仲介+は、首都圏や関西、名古屋にマンションをお持ちの人はおすすめです。
特に営業店の多い東京や神奈川の人は、十分な結果が得られます。

また、近くに営業店がない人でも、プラウドを売却される人は、野村の仲介+がおすすめになります。

プラウドには、一定数の「プラウドファン」がいますが、そのような人たちはノムコム(野村不動産が運営する物件情報サイト)で物件探索をする人もいます。
プラウドファンの目に留まりやすくするためには、野村の仲介+を利用した方が確実です。

また、野村不動産自身が中古のプラウドの値崩れを嫌がることから、頑張って高く売却しようとしてくれます。
プラウドを売却する人であれば、野村の仲介+を検討してみるのも良いでしょう。

3.第2位:三井住友トラスト不動産

3-1.特徴

三井住友トラスト不動産は、三井住友信託銀行グループの不動産会社です。
信託銀行というと、一般の人には馴染みが薄いですが、信託銀行は信託財産としての不動産を多く扱っているため、不動産のプロに相当します。

信託銀行は法人が扱う大型の不動産の仲介では、常に国内トップクラスであり、業界の中では一定の地位を築いています。

三井住友信託銀行は、三菱UFJ信託銀行やみずほ信託銀行などの三大信託銀行の一つです。
三井住友トラスト不動産は、その三井住友信託銀行の不動産会社です。
銀行系なので信頼性は高く、なおかつ、実績も豊富です。

三井住友トラスト不動産では、売却活動・サポートサービスで、「建物状況調査サービス・瑕疵保険サービス」や「住宅設備修理サポート」を行っています。

建物状況調査とは、既存住宅の基礎、外壁等の部位ごとに生じているひび割れ、雨漏り等の劣化・不具合の有無を目視、計測等により行う調査のことです。
建物状況調査はインスペクションとも呼ばれています。

瑕疵保険とは、中古住宅を売買する際に加入する保険で、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分等について瑕疵(カシ)が発見されたときは、その修補費用が支払われる保険のことをいいます。
瑕疵とは、雨漏り等の売買契約の目的物が通常有すべき品質・性能を欠くことをいいます。

公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会では、2017年3月に不動産の日アンケートで買主に中古住宅の購入で必要と思われることについて調査を行っています。

アンケートからすると、インスペクション(建物状況調査)や瑕疵保険は買主が強く求めていることが良く分かります。

マンションを高く売却できる確実なサービスを行ってくれますので、三井住友トラスト不動産は非常に良いサービスを提供しています。

住宅設備修理サポートとは、一定の住宅設備機器の故障を無償で修理できるサービスです。

それぞれのサービスを利用できる人は、以下の対象者です。

サービスの対象者


建物状況調査サービス:三井住友トラスト不動産と媒介契約をご締結いただいた個人の売主
瑕疵保険サービス:三井住友トラスト不動産仲介によりご成約いただいた個人の売主
住宅設備修理サポート:三井住友トラスト不動産と新たに媒介契約(専任または専属専任)を締結し、その媒介で売買契約が決まった売主


【関連記事】

既存住宅売買瑕疵保険とは?メリットや費用・付保証明書を徹底解説

インスペクション(建物状況調査)とは?意味や効果・費用を徹底解説

3-2.口コミ

口コミについては、オリコン顧客満足度ランキングの利用者の声より抜粋します。


  • 思いのほか高値で販売出来た。(60代以上/男性)
  • 最初から売却価格を示されて納得して売却した。購入者との折衝もスムーズ。(60代以上/男性)

利用者の声は、比較的、売却価格に関して高く売れたと評価する声が多いです。
三井住友トラスト不動産は、インスペクションと瑕疵保険の付保がサービスでできますので、高く売れる確率は高いと思われます。

期待以上に高く売却できるのが、三井住友トラスト不動産の強みとなっています。

3-3.三井住友トラスト不動産がおすすめの人

三井住友トラスト不動産は、首都圏、中部、近畿、中国(岡山・広島)、九州(福岡)に営業店があります。
営業店が近くにある人は、基本的におすすめです。

また、築30年以内のマンションであれば、インスペクションと瑕疵保険の付保のサービスが利用できるため、築30年以内のマンションをお持ちの人は特におすすめとなります。

さらに、マンション設備に不具合が多い人も、三井住友トラスト不動産が良いでしょう。
住宅設備修理サポートを利用すれば、無償で修繕してから、売却することが可能です。

マンション設備は不具合が多いと、売却後にトラブルとなるケースが多いです。
設備故障が多いマンションなら、三井住友トラスト不動産がおすすめといえます。

筆者の個人的な意見としては、今回ご紹介した5社の中で、三井住友トラスト不動産が行っているインスペクションと瑕疵保険の付保のサービスは、安心して売却できる一番良いサービスと考えられます。

2020年4月以降は、民法の瑕疵担保責任の規定が契約不適合責任へと変わります。
契約不適合責任に変われば、今後、三井住友トラスト不動産が展開しているようなサービスは、ますます重要性を増してきます。

今も三井住友トラスト不動産はおすすめですが、2020年4月以降はさらにおススメの会社となることは間違いでしょう。

【関連記事】

瑕疵担保責任と契約不適合責任の違いとは?民法改正は2020年4月1日から!

4.第3位:近鉄不動産

4-1.特徴

近鉄不動産は、1916年(大正5年)から続く老舗の不動産です。
近鉄と言えば日本一長い営業距離を誇る私鉄です。
近鉄不動産は、そんな由緒正しい近畿日本鉄道の不動産会社になります。

近鉄の仲介では、近鉄仲介の安心サポートというのを提供しています。

具体的には「住宅設備保証サービス」がマンション売却で利用できます。
住宅設備保証サービスは、取引される建物の住宅設備機器を検査・点検し、引渡後の1年間、不具合の保証を行うサービスになります。

安心サポートの中には、建物瑕疵保障サービスというのもありますが、残念ながらマンションは対象外です。

住宅設備保証サービスを利用できる人は以下のような人になります。

サービスの対象者


ご所有不動産について近鉄不動産と2016年10月1日以降新たに専属専任媒介契約もしくは専任媒介契約(いずれも契約期間3ヶ月)を媒介価格1,000万円以上かつ近鉄不動産査定価格の120%以内で締結された個人のお客様で、近鉄不動産規定の仲介手数料をお支払いのお客様


4-2.口コミ

オリコン顧客満足度ランキングの利用者の声より口コミを紹介します。


  • 売り出しから売却決定までがとてもスピーディだった。(30代/女性30代/女性)
  • わからないことだらけでしたが、ちゃんと説明があり、スムーズに事が運んだこと。(40代/男性40代/男性)

利用者の声としては、担当者の説明、知識を評価する声が多いです。
近鉄エリアでは信頼の厚い会社ですので、従業員の能力も高いことが推察されます。

4-3.近鉄不動産がおすすめの人

近鉄不動産は、愛知、滋賀、三重、奈良、大阪、京都、兵庫、広島、東京、千葉に支店があります。
基本的には支店数の多い「愛知、滋賀、三重、奈良、大阪、京都、兵庫」エリアの人たちは近鉄不動産がおすすめです。

また、特に近鉄沿線のマンションや、近鉄不動産が分譲したローレルシリーズを売却予定の人であれば、近鉄不動産が良いでしょう。
ローレルシリーズなら、近鉄不動産も値崩れはさせたくないので、高く売ろうと努力してくれます。

近鉄の影響力の強いエリアであれば、購入希望者も集まりやすいので、ぜひ近鉄不動産を利用してみましょう。

5.第4位:住友林業ホームサービス

5-1.特徴

住友林業ホームサービスは、住宅メーカーである住友林業の不動産会社です。
住友系ですので関西が地盤ですが、今では本社は東京都新宿区にあります。
首都圏と関西圏にバランスよく店舗が充実している会社です。

住友林業ホームサービスでは、あんしん保証付仲介システムを展開しています。

あんしん保証付仲介システムとは、売却後の設備故障時の修理対応を1年間保証するサービスです。

マンションの売却では、売却後の設備トラブルが一番多いですが、「設備あんしん保証」を使えば、引渡後のトラブル回避が可能となります。
買主に安心感も与えることができます。

また、住友林業ホームサービスでは、すみかえサポートというサービスがあるのもの特徴です。

すみかえサポートには「買取保証サービス」と「つなぎ融資制度」の2つがあります。

買取保証サービスとは、一定期間で売却できなかった場合、事前に取り決めた価格にて住友林業ホームサービスが買取を行うサービスです。

つなぎ融資制度とは、今の家の売却代金の回収が、買い替え先の残金支払いに間に合わないときに、住友林業ホームサービスが一時的な融資をしてくれる制度です。

それぞれのサービスを利用できる人は以下のような人になります。

サービスの対象者


【あんしん保証付仲介システム】
媒介価格2,000万円以上、かつ住友林業ホームサービス査定価格の125%以内で期間3ヶ月の専属専任または専任媒介契約(住友林業ホームサービス規定の仲介手数料をお支払いいただくもの)を締結いただいた個人

【買取保証サービス】
専属専任・専任媒介で一定期間仲介の斡旋をさせていただき、その期間で売却できなかった場合

【つなぎ融資制度】
住友林業ホームサービスの仲介により売買契約を締結し、当社に仲介手数料をお支払いいただけるお客様


5-2.口コミ

オリコン顧客満足度ランキングの利用者の声より口コミを紹介します。


  • 思ったより早期に売却できたこと。住み替えがスムーズにいきました。(40代/女性)
  • 相談してから対面までの間の時間が短く、やる気を感じた。(50代/男性50代/男性)

対応の早さや早く売れたことを評価する声が多いです。
また住み替えがスムーズにできたという声もあり、「すみかえサポート」が非常に効果的であることがうかがえます。

5-3.住友林業ホームサービスがおすすめの人

住友林業ホームサービスは、首都圏、東海、近畿、福岡に店舗があるがあるため、営業店が近くにある人はおすすめです。

また、「すみかえサポート」という特徴的なサービスを持っていることから、「早く住み替えをしたい」という人にとっては良い不動産会社になります。

転勤等で住み替えの期限が決まっているような人には、適した会社と言えるでしょう。

6.第5位:大成有楽不動産販売

6-1.特徴

大成有楽不動産販売は、大成有楽不動産の住宅仲介事業を行っている不動産会社です。
大成有楽不動産販売は、元々は大成建設グループの不動産事業を担う企業として「有楽土地」という名前の会社で1953年(昭和28年)に設立されました。

大成有楽不動産販売では、マンションの仲介で安心サポートサービスマンションマンションリペアというサービスをおこなっています。

安心サポートサービスマンションとは、住宅設備機器・専有部分の雨漏り・専有部分の給排水管路を無料で検査・保証するサービスです。

マンションリペアとは、床フローリングの傷・壁クロスのはがれ等をキレイに補修するサービスとなります。

いずれのサービスも利用できる人は以下のような人になります。

サービスの対象者


原則大成有楽不動産販売と3カ月間の媒介契約(専属専任・専任媒介)を締結された個人・法人(宅建業者を除く)で、大成有楽不動産販売規定の仲介手数料をお支払い頂けるお客様


以下は、オリコン顧客満足度ランキングのマンションと戸建てのランキングを示した表ですが、大成有楽不動産販売は、マンションだけTOP10の中に登場します。

他の「野村の仲介+」、「三井住友トラスト不動産」、「近鉄不動産」、「住友林業ホームサービス」は、戸建てにもランキングしていますが、大成有楽不動産販売はマンションのみランクインしていることが特徴となります。

このランキングからも、大成有楽不動産販売はマンション売却を非常に得意としていることが良く分かります。

6-2.口コミ

オリコン顧客満足度ランキングの利用者の声より口コミを紹介します。


  • 最初にコンタクトを取ったその日に査定に来てくれて、代替の相場の話をしてくれた。その後も売却までが早かった。(60代以上/女性60代以上/女性)
  • 実際に買主を見つけてこられた点。一般媒介で数社を同時に競わせていたので結果を出さない会社は切り捨てていた。(30代/男性)

首都圏においては、地域密着型であり、相場にも精通し、対応も誠実であるというような声が多いです。

6-3.大成有楽不動産販売がおすすめの人

大成有楽不動産販売は首都圏と大阪に店舗がありますが、首都圏に店舗が集中しているため、特に首都圏の人におすすめです。

マンションをかなり得意としていますので、設備に不具合がある場合や、床や壁を損傷しているような場合は、大成有楽不動産販売に依頼してみるのも良いでしょう。

ちなみに大成有楽不動産販売は、SUUMOなどの不動産ポータルサイトに載せる物件広告が充実しています。
写真枚数も多く、動画や夜景、写真付きで周辺環境の説明もあり、購入希望者の興味を引く広告が多いです。

広告が充実しているので、しっかりと買主を連れてくることができるというのがよく分かります。

口コミで、「実際に買主を見つけてこられた点。一般媒介で数社を同時に競わせていた…」という声がありましたが、一般媒介を使って高く売りたい人は、1社に加えてみるのが良いでしょう。

【関連記事】

一般媒介とは?期間や手数料・メリットとデメリットについて解説

7.おすすめ不動産会社にまとめて依頼する方法

今回ご紹介したおすすめの不動産会社に売却を依頼するのであれば、HOME4Uの無料一括査定の利用が便利です。

HOME4Uは、インターネットを通じて複数の不動産会社に簡単に査定の依頼を無料で行うことができるサービスです。

HOME4Uは、NTTデータグループが運営している日本で一番歴史のある一括査定サイトです。
多くの一括査定サイトの中で、最も信頼できる一括査定サイトといえます。

HOME4Uには、今回ご紹介した5社のうち、4社が査定が依頼できる企業として登録されています。

下表のランキングの中で、「野村の仲介+」、「三井住友トラスト不動産」、「住友林業ホームサービス」、「大成有楽不動産販売」に査定依頼が可能です。

HOME4Uは2001年から運営されており、17年間で35万件の査定実績があります。

1年間で20,588件、1日当たり56件ですので、1時間に2件以上は査定の依頼がなされているサイトです。

オリコンランキングの中に、HOME4Uの登録企業が多いのも、マンションを売却する人は、それだけHOME4Uを使っているからだと推察されます。

また、HOME4Uには、査定依頼を行うと、売却するマンションのエリアで、マンション売却が得意な不動産会社を自動で抽出してくれる機能があります。

そのため、今回紹介して5社の営業店がないエリアでHOME4Uを利用しても、そのエリアでおすすめの不動産会社に自動で査定依頼することが可能です。

首都圏や大阪、名古屋以外の人がHOME4Uを使っても、マンション売却に高い実績のある不動産会社が査定に来てくれますので、ご安心ください。

おすすめの不動産会社に依頼するのであれば、まずはおすすめのうち、いくつかの不動産会社に必ず査定を依頼することをおすすめします。
トップ5社はそれぞれ良い会社ですので、実際に営業マンの対応を見てから決めるのも遅くはありません。

売却の準備ができたらHOME4Uを使って、早速に査定を依頼してみましょう。

【関連記事】

HOME4Uの口コミや評判は?プロが評価するメリットとデメリットも解説

信じちゃダメ!不動産一括査定サイトの本当のデメリット教えます!

8.まとめ

以上、安心してマンション売却ができる不動産会社のおすすめサービスを紹介してきました。

安心してマンション売却するなら「野村の仲介+」、「三井住友トラスト不動産」、「近鉄不動産」、「住友林業ホームサービス」、「大成有楽不動産販売」がおすすめです。
各社充実したサービスや高い対応力を持っていますので、マンション売却の際はぜひ声をかけてみてください。

【あわせて読みたい】

マンション売却でやること!10個の手続きを知っておこう!

マンション売却のブログを妄信してはいけない5つの理由とは